太陽光発電の一括見積りの前に知っておくべきこと

公開日: : 太陽光発電の見積

太陽光発電の一括見積りの前に知っておくべきこと太陽光発電を検討する際にまず行うべきことは、はたして自分の家に太陽光パネルを設置することが可能であるかどうか、そして設置可能であるならば十分な発電量が見込めるかということです。それを判断するポイントは、築年数と屋根の形状・方角・材質です。

古い家は設置できない場合も

太陽光パネルを設置する際に、築年数による制限は設けられていません。
しかし、もし1981年以前に建てられた家であれば、建築基準法の耐震基準が改正される前であるため、1981年以降に建てられた家よりも構造的に弱い場合があります。太陽光パネルのような重量があるものを屋根に設置することによって危険を伴う可能性があるため、もしそのような家に設置したいならば、建築士に依頼して強度を調べてもらい、設置可能であるかどうかを判断してもらうとよいでしょう。

屋根の形状・方角・材質に注意する

基本的には、どのような屋根でも設置のための面積さえ確保できれば、設置することができます。しかし、屋根の形状・方角・材質によって発電効率に差が生じ、場合によっては設置することが勧められないケースもあるため、現地調査が大切になります。

形状と方角

屋根の形状として代表的なのは切妻屋根、寄棟屋根、陸屋根、片流れ屋根があります。屋根の傾斜の方角が北に向いている場合には発電効率が激減することを念頭に置いて、それぞれの形状を見ていきましょう。

切妻屋根

切妻屋根とは、屋根の最頂部から二つの斜面が地上に向かっており、山形の形状をしている屋根です。広い面積を確保できるため、太陽光発電には向いている形状です。斜面が南北に向いている場合には南側の屋根のみにパネルを設置することとなりますが、もし東西に向いているならば両面にパネルを設置することによって大きな発電量を得られる可能性が高くなります。

寄棟屋根

寄棟屋根とは、屋根の最長部から四方に斜面をなしている形状です。それぞれの屋根面積は小さいのですが、北以外の全ての屋根にパネルを設置できます。屋根面積が方角によって異なる場合には、南側の屋根の面積が広いものが好ましいと言えます。

陸屋根

陸屋根とは、屋根に傾斜がなく平面状になっている屋根のことです。このような屋根にパネルを設置する際には、そのまま設置すれば雨や雪が流れず、雪が積もった時には発電効率が大きく下がることとなります。そのため、特殊な土台を取り付けたうえでパネルを設置することとなります。土台を取り付けることによって、最も発電効率が高い傾斜での設置が可能であることがメリットです。しかし、土台は非常に頑丈なものを設置することとなるため、一部の陸屋根ではそれが困難となる場合もあります。

片流れ屋根

片流れ屋根とは、屋根が一面で傾斜をなしているものです。屋根の面積が広くなるため、この傾斜が南を向いている場合には設置面積が大きいためたくさんのパネルを取り付けることができますが、北を向いている場合にはおすすめできません。

材質

太陽光パネルは屋根に固定するため、屋根にどのような材質を使っているかによって固定方法が変わります。材質には瓦、スレート、金属屋根があります。どのような屋根材にも基本的には設置が可能ですが、設置を依頼する業者によって対応できる屋根材が異なるため、自身の家の屋根材でも設置してくれるかどうかを確認する必要があるでしょう。

瓦は日本家屋に多い屋根材であるため、問題なく設置することができます。

スレート

スレートとはセメントに繊維材料などを加えて作るものであり、強度が瓦より倍ほども強いため、太陽光パネルの設置が最も容易に行える屋根材です。

金属屋根

金属屋根とは、ステンレスや銅、アルミニウムなどの金属板を屋根としたものです。耐久性に優れているおり、近年技術の進歩が目覚ましい材質でもあるため、設置に対応する業者が増えてきています。

まとめ:自宅の築年数や屋根の計上を理解することからはじめよう

結局、人任せにしすぎると何事も後々痛い目にあってしまいがちです。
太陽光発電においても、高額な商品になりますし誤った設置は自己の原因にもなりかねません。

しっかりと自宅の事を理解し、業者の言いなりにならないように知識を身につけておくことが重要です。

「約1分で完了!」準備が整ったら、便利な一括見積り!

【一般家庭】の太陽光発電の一括見積は「タイナビ」が断然オススメです。

【家庭用/タイナビの特徴】公式サイトはこちら
タイナビ専用LP
・あなたがお住まい地域に対応した優良業者(最大5社)から一括見積もり!
・見積もりの申し込みはわずか1分程度!
・全国に施工実績のある優良業者300社と提携!
・利用者は100万人を突破!
・ご自宅や法人・アパート、マンションなど様々な施設に対応が可能!
・テレビ番組でも紹介され人気、安心感も急上昇中!
※法人・産業用施設に関する見積もり依頼は「タイナビ・ネクストへ
↑ページ下にある「法人・産業用施設のお客様はこちら」をクリックしてください。

郵便番号とお家の形状(一戸建て・マンションなど)を入力するだけで、あなたのお住まいの地域に対応ができる業者リストが表示されます。 ※ここまでの入力では実際の申し込みにはなりませんのでご安心ください。

【企業・法人】店舗やオフィス、学校、病院などでご利用の場合は「タイナビ・ネクスト」

【法人用/タイナビネクスト特徴】公式サイトはこちら
産業用
レジャー施設、店舗、オフィス、学校、病院、福祉施設、ホールスタジオ、美術館、博物館、ホテル、旅館、工場、倉庫、道路、交通施設、屋外施設、スポーツ施設、遊休地など様々なスペースに対応しています。産業用の太陽光発電の一括見積もりなら「タイナビネクスト」がイチオシです。 母体は当然タイナビと同様ですので、厳選した優良施工業者からの相見積もりを一括して受け取ることができます。

関連記事

太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴

太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴

太陽光発電一括見積もり.comは、太陽光発電の施工業者に、最大5社まで依頼できるサイトです。 サイ

記事を読む

タイナビ

太陽光発電一括見積り「タイナビ」の評価と口コミ!選ばれている理由は?

施工実績は日本国内ではナンバーワン。 太陽光発電の一括見積りで当サイトもイチオシなのが「タ

記事を読む

太陽光発電見積もりの得する

太陽光発電の一括見積もり前の事前準備「失敗しないための3つのポイント」

太陽光発電の見積もり依頼を出す前に 太陽光発電の見積もりを依頼する際、事前に頭に入れておくことで「

記事を読む

yasusugi

太陽光発電の「安すぎるかも?」には注意が必要

メンテナンスなどのアフターサービス料金、工事施工料金、広告宣伝費、機材の料金など金額の差がどこでつく

記事を読む

価格コムの太陽光発電

太陽光発電見積もり/価格コムの評判と特徴

太陽光発電業者の一括査定を提供しているサイトは数多くありますが、その中でも価格コムほどの知名度を持っ

記事を読む

太陽光発電の見積もりから導入までの流れ

太陽光発電の見積もりから導入までの流れ

太陽光発電を導入する際には当然ながら工事を伴うため、どこか手続きが面倒であったり、複雑であったりとい

記事を読む

パネイルの評判と特徴

パネイルの評判と特徴

太陽光発電一括見積りのパネイルとは 太陽光発電の一括見積もりサイトには色々なものがありますが、

記事を読む

太陽光発電の一括見積りができる業者一覧と各社の特徴

太陽光発電の一括見積りができる業者一覧と各社の特徴

太陽光発電の導入を検討する際には一括見積もりサイトを利用するべきですが、一括見積もりを行っている業者

記事を読む

太陽光発電お見積書のチェックポイント

太陽光発電の見積もり書サンプル(例)とチェックポイント

太陽光発電の一括見積依頼を出しても、どのような内容の見積もりが来るのかイメージ出来ていなければ正しい

記事を読む

太陽光発電の見積もりから導入までの流れ

太陽光発電の見積もりから導入までの流れ

太陽光発電を導入する際には当然ながら工事を伴うため、どこか手続きが面倒であったり、複雑であったりとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴
法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴

ソーラーパークで安心の投資を ソーラーパークとは、他の太陽光

太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴
太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴

太陽光発電一括見積もり.comは、太陽光発電の施工業者に、最大5社まで

価格コムの太陽光発電
太陽光発電見積もり/価格コムの評判と特徴

太陽光発電業者の一括査定を提供しているサイトは数多くありますが、その中

パネイルの評判と特徴
パネイルの評判と特徴

太陽光発電一括見積りのパネイルとは 太陽光発電の一括見積もりサイ

rakutensolar
楽天ソーラーの評判と特徴

楽天ソーラーとは 楽天ソーラーは2012年8月にサービスを開始し

→もっと見る

PAGE TOP ↑