太陽光発電はどれくらの期間で投資回収ができる?投資回収シュミレーションの方法

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 よくある質問

どれくらの期間で投資回収ができる?

投資回収の目安は7年~12年。10年以内の達成も現実的

太陽光発電システムは投資した金額が数年間で回収でき、その後は利益に転じる「投資回収モデル」です。
導入するモジュール(発電パネル)の大きさや、設置する方角、お住いの地域などによって投資回収できるまでの期間は異なりますが、目安として”7年~12年”の間で投資回収をすることが可能です。

ソーラーローンを利用する場合は、毎月のお支払金額が太陽光発電システム導入前までのの電気代と同様の金額帯で設計することがポイントとなります。

●関連記事
太陽光発電の導入にかかる初期費用の目安はいくら?

投資額の目安はトヨタのアクアくらい

太陽光発電への投資額は120万円~200万円の範囲であることが多いことから、トヨタのアクアの購入価格と同じくらいという目安になります。

しかし、投資という面で考えると「車にかけるコスト」と「太陽光発電にかけるコスト」では大きな違いがあります。
車は買った時点から価格が下がり始め、10年後には価値が買った時の5分の1位になる・・・という話はよく耳にします。
一方、太陽光発電は投資回収が終わる約10年後からが本領発揮!

今まで電力会社に支払っていた毎月の電気代を自家発電による太陽光発電に切り替えることによって、投資回収が終わったタイミングから毎月の電気代金が無料で利用できるという状態を実現できるのです。

投資回収期間のシュミレーション方法

太陽光発電の投資回収期間を算出するためのシュミレーションを行うには予めいくつかの知識を頭に入れておく必要があります。下記を参照してシュミレーションのイメージをしてみてください。

《太陽光発電の導入シュミレーションをするために必要な要素を知ろう》

導入するモジュールの大きさを知る

日本のモジュール平均サイズは4.2kWhです。
お家の建坪や屋根の形状などによって異なりますので詳細は業者にお見積りをとって調べてもらうことが確実です。
※太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)調べ。

設置価格の目安を知る

上記でご説明したモジュールの平均サイズを基準として考えた時、1kWh当たり40万円程度✖平均サイズ(4.2hWh)=168万円前後という価格が算出できます。
工事費やその他機材の費用なども業者によって異なり、実際の設置例などを見ると
4kHw程度で130万円~設置を実現された方も沢山います。

年間発電量の目安を知る

設置する都道府県や設置する方角によって異なりますが、ざっくりと計算する場合
「設置モージュールのkWhの1000倍」が年間発電量の平均値として算出できます。

4.2kWhのモージュールを導入した際は1000をかけて4200kWhが年間発電量の目安ということになります。

売電価格を知る

国が定めている余剰電力買取制度で定められている1kWh当たりの買取価格は現在「33円or35円」(2015年4月1日以降)
10kWh以下の太陽光発電システムの場合、契約した年から10年間電力の買取額が固定されますので頭に入れておきましょう。

売電価格については「太陽光発電の「売電」ってどのくらいお得なの?」も参考にしてみてください。

《シュミレーションサンプル》

下記の条件にてシュミレーション試算値を出してみます。

・4.2kWhのモジュールを160万円で導入(補助金適応後)
・年間発電予想量は4200kHw
・自家消費電力 1ヶ月350kHw×12ヶ月=4200kHw÷2=2100kHw(昼間に使用する電力)

4200kHwの内2100kHwを自家消費電力として利用するということになるので、太陽光で発電した電力の50%を自分の家で使うという形になります。

投資回収年を計算

140万円 /{4200kWh × (28円/Kwh × 40% + 38円/Kwh × 60%)}=10.7年

こちらで算出するシュミレーション値はあくまで試算値です。
お住まいのエリアの日射量やモジュールの発電効率(メーカーにより異なる)などによって投資回収できるまでの期間は異なってきます。

実際に導入を検討されている方は一度ご自身で試算をしてみて、その後プロの業者に見積を依頼する!
正確な数値を知るにはコレ以外に方法はありません・・・。
シュミレーションのプロに依頼をしてより正確な数値を知りましょう。

「約1分で完了!」準備が整ったら、便利な一括見積り!

【一般家庭】の太陽光発電の一括見積は「タイナビ」が断然オススメです。

【家庭用/タイナビの特徴】公式サイトはこちら
タイナビ専用LP
・あなたがお住まい地域に対応した優良業者(最大5社)から一括見積もり!
・見積もりの申し込みはわずか1分程度!
・全国に施工実績のある優良業者300社と提携!
・利用者は100万人を突破!
・ご自宅や法人・アパート、マンションなど様々な施設に対応が可能!
・テレビ番組でも紹介され人気、安心感も急上昇中!
※法人・産業用施設に関する見積もり依頼は「タイナビ・ネクストへ
↑ページ下にある「法人・産業用施設のお客様はこちら」をクリックしてください。

郵便番号とお家の形状(一戸建て・マンションなど)を入力するだけで、あなたのお住まいの地域に対応ができる業者リストが表示されます。 ※ここまでの入力では実際の申し込みにはなりませんのでご安心ください。

【企業・法人】店舗やオフィス、学校、病院などでご利用の場合は「タイナビ・ネクスト」

【法人用/タイナビネクスト特徴】公式サイトはこちら
産業用
レジャー施設、店舗、オフィス、学校、病院、福祉施設、ホールスタジオ、美術館、博物館、ホテル、旅館、工場、倉庫、道路、交通施設、屋外施設、スポーツ施設、遊休地など様々なスペースに対応しています。産業用の太陽光発電の一括見積もりなら「タイナビネクスト」がイチオシです。 母体は当然タイナビと同様ですので、厳選した優良施工業者からの相見積もりを一括して受け取ることができます。

関連記事

太陽光発電の導入にかかる初期費用の目安はいくら?

太陽光発電の導入にかかる初期費用の目安はいくら?

導入費用の総額は約120万円~200万円程度が目安 太陽光発電システムの初期費用は導入

記事を読む

ソーラーローンってどのくらいお得なの?

ソーラーローンってホントにお得なの?

ソーラーローンは通常ローンよりもかなりお得という事実 ソーラーローンとは、銀行や信用金庫な

記事を読む

電気代が安くなるってホント?

太陽光発電で電気代が安くなるってホント?

太陽光発電で電気代が安くなるカラクリ 太陽光発電を利用することで電気代金が安くなるカラ

記事を読む

太陽光発電はいつ導入するべきなのか?

結局「太陽光発電」はいつ導入するべきなのか?

太陽光発電を導入するに際して、その判断軸の1つとして特に注目しておきたい点は「売電」の価格です。

記事を読む

太陽光発電の補助金はどのくらいもらえるの?

太陽光発電の補助金はどの程度もらえる?

2014年4月1日以降(2014年度)に関しては国または地方自治法からの補助金制度の支給が行

記事を読む

売電ってどのくらいお得なの?

太陽光発電の「売電」ってどのくらいお得なの?

平成28年度(2016年度)の電力買い取り金額 2016年4月1日~2017年3月31

記事を読む

太陽光発電の保証期間てどのくらいあるの?

太陽光発電のメーカー別保証期間比較

太陽光発電モジュール(パネル)の保証期間は最低10年 いくつものメーカーから太陽光発電シス

記事を読む

太陽光発電で失敗しない方法

太陽光発電導入で失敗しない為に必ず心がけることは?

太陽光発電で失敗しないために心がけておきたいポイントは2つあります。 1つめは「太陽光発電の知

記事を読む

建て替えや引っ越しの場合、既に設置しているパネルを再利用できるの?その際の費用や注意点は?

建て替えや引っ越しの場合、既に設置しているパネルを再利用できるの?その際の費用や注意点は?

建て替えや引っ越しで太陽光パネルを再利用できるか 太陽光発電を既に導入している家を建て替え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴
法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴

ソーラーパークで安心の投資を ソーラーパークとは、他の太陽光

太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴
太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴

太陽光発電一括見積もり.comは、太陽光発電の施工業者に、最大5社まで

価格コムの太陽光発電
太陽光発電見積もり/価格コムの評判と特徴

太陽光発電業者の一括査定を提供しているサイトは数多くありますが、その中

パネイルの評判と特徴
パネイルの評判と特徴

太陽光発電一括見積りのパネイルとは 太陽光発電の一括見積もりサイ

rakutensolar
楽天ソーラーの評判と特徴

楽天ソーラーとは 楽天ソーラーは2012年8月にサービスを開始し

→もっと見る

PAGE TOP ↑