太陽光発電と地球温暖化の関係

公開日: : 太陽光発電の役立つ知識

earth_hot

原子力依存体質の日本

日本の電力消費量は毎年伸びています。これは、生活水準の向上や情報化社会の発展に伴い、あらゆる方面で電力の需要が増加しているからです。そして、電力のほとんどは火力・水力・原子力によって賄われてきました。

しかし、電力を作るに際して発生する二酸化炭素が地球温暖化を招き、これが世界的な問題となったことで、2002年にはエネルギー政策基本法が成立し、2030年までにエネルギー自給率を70%にまで引き上げることや、に酸炭素を削減することなどが挙げられました。

その目標を達成するために、2030年までに14機以上の原子力発電所を増設し、国内の発電量の50%を原子力発電に任せることが決まっていました。これは、原子力発電の二酸化炭素排出量が少ないからです。
 
しかし、東日本大震災が起こり、福島第一原発事故によって原子力発電所の安全性が疑わしくなり、この計画は白紙となります。今後も原発の増設には慎重にならざるを得ない状況が続いています。とはいえ地球温暖化対策から撤退するわけにはいかず、再生可能エネルギーを用いた発電の拡大と省エネ社会の実現へ計画は変えられました。
 
ここで問題となるのは、はたして原子力発電から太陽光発電への移行がどの程度可能なのか言うことです。その点について、両者の発電量を比較・検証していくこととします。

原子力発電にはまだ及ばない

よく目にする、誤解を生みやすい記事の書き方に、「固定買取制度の認定が出力で7000万kwを越えた。原子力発電の出力が100万kwであるから原発70基分に相当することであり、太陽光発電は原子力発電を十分に賄える」と言うものがあります。このように、「太陽光発電が原発○基分と同じ」とする記述には誤りが多いことがあるので注意が必要です。まかなえるとするのは誤りで、あくまでも原発1基分の出力について言ったものであり、発電量となるとまた話が違います。

すなわち、出力とは発電設備の規模を指します。しかし、その設備が発電を行うことによって一体どれだけ電気を賄えるかということを知る必要があるでしょう。つまり、発電量を計算する必要があるのです。

注意深く記事を読んでみましょう。出力の単位はkwとなっており、発電量の単位はkwhとなっているはずです。これを知識ある人や専門家がみると違いに気づくことができるのですが、一般の人にはわかりにくいことです。

したがって、両者の発電量の違いを見ていくために、両者の出力から発電量を比較してみましょう。
まず、発電量の計算式は

出力(kw) × 稼働時間 (h) = 発電量(kwh)

となります。ここでは1年を基準に考えますので、

365(日) × 24(時間)= 8760時間

として考えます。

まず、原子力発電からです。原子力発電は昼も夜も稼働できるのですが、メンテナンスや点検で稼働できないこと時間もあるを考えると、1年の70%が稼働していると言われます。つまり、

8760 × 0.7 =6132(時間)

の稼働となります。一方、太陽光発電は夜は稼働できず、天候の悪い日なども稼働できないことを考えると、1年の稼働時間を1日当たりで考えると、1日に約3時間しか稼働しないと言われています。つまり、

3 × 365 = 1099(時間)

となります。このことから、稼働時間だけを考えてみても、原発は太陽光発電と比べて約6倍の稼働時間で働くことが分かります。出力が同じであるとすると、発電量も原発の方が6倍になります。

つまり、現在太陽光発電の出力が7000万kwであり、そして原子力発電の出力が4400万kwであるとすると、原発の年間発電量(kwh)は

4400万〈kw〉×6132(h)=2698億800万(kwh)

となり、太陽光発電では

7000万(kw)×1099(h)=769億3000万〈kwh〉

となります。

したがって、現在はまだ太陽光発電の総発電量は原子力発電には及ばず、やく12基分を賄っていると言うことが分かります。

今後の展望

ただし、このことを以て「やっぱり太陽光発電は原子力発電には及ばない」と考えるのは不適切でしょう。太陽光は二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーであるだけではなく、地上で利用可能な量を全て利用すると、全世界のエネルギー消費量の50倍にも上るとされています。もしゴビ砂漠に現在市販されている全ての太陽光パネルを敷き詰めれば、それだけで全人類の消費エネルギーをまかなうことができると言われているのです。

したがって、今すぐに火力や原子力による発電からシフトチェンジするのは不可能であるものの、太陽光発電を少しずつ増やしていくことによって、将来的には太陽光発電だけで全てのエネルギーをまかなうことが可能となります。

「約1分で完了!」準備が整ったら、便利な一括見積り!

【一般家庭】の太陽光発電の一括見積は「タイナビ」が断然オススメです。

【家庭用/タイナビの特徴】公式サイトはこちら
タイナビ専用LP
・あなたがお住まい地域に対応した優良業者(最大5社)から一括見積もり!
・見積もりの申し込みはわずか1分程度!
・全国に施工実績のある優良業者300社と提携!
・利用者は100万人を突破!
・ご自宅や法人・アパート、マンションなど様々な施設に対応が可能!
・テレビ番組でも紹介され人気、安心感も急上昇中!
※法人・産業用施設に関する見積もり依頼は「タイナビ・ネクストへ
↑ページ下にある「法人・産業用施設のお客様はこちら」をクリックしてください。

郵便番号とお家の形状(一戸建て・マンションなど)を入力するだけで、あなたのお住まいの地域に対応ができる業者リストが表示されます。 ※ここまでの入力では実際の申し込みにはなりませんのでご安心ください。

【企業・法人】店舗やオフィス、学校、病院などでご利用の場合は「タイナビ・ネクスト」

【法人用/タイナビネクスト特徴】公式サイトはこちら
産業用
レジャー施設、店舗、オフィス、学校、病院、福祉施設、ホールスタジオ、美術館、博物館、ホテル、旅館、工場、倉庫、道路、交通施設、屋外施設、スポーツ施設、遊休地など様々なスペースに対応しています。産業用の太陽光発電の一括見積もりなら「タイナビネクスト」がイチオシです。 母体は当然タイナビと同様ですので、厳選した優良施工業者からの相見積もりを一括して受け取ることができます。

関連記事

太陽光発電がオススメしにくいエリアとは

太陽光発電がオススメしにくいエリアとは

太陽光発電には、おすすめしにくいエリアがあります。太陽光をエネルギー源とする太陽光発電では、何らかの

記事を読む

資産運用として考える太陽光発電の位置づけ

資産運用として考える太陽光発電の位置づけ

太陽光発電を投資対象として考える 太陽光発電の導入を考える時、地球環境に貢献したいという考え、

記事を読む

太陽光発電の普及状況

太陽光発電の普及状況

近年、太陽光発電の導入が進んでいますが、具体的な普及状況はどのようになっているのでしょうか。

記事を読む

単位でよく目にする「1kWh」とは?

単位でよく目にする「1kWh」とは?

太陽光発電を検討する際には、どれくらいの発電量が得られるかを試算する必要があり、その時には「1kWh

記事を読む

「太陽光発電」災害時も安心!には注意

「災害時も安心」という謳い文句には注意

太陽光発電の導入を勧める際に、よく「災害時も安心」という謳い文句を見かけます。2011年の大震災の際

記事を読む

世界から見る日本の太陽光発電

世界から見る日本の太陽光発電

日本における太陽光発電の普及率は、2013年の統計では約3.2%となっています。非常に低い普及率です

記事を読む

クリーンエネルギーの種類と特徴

クリーンエネルギーの種類と特徴

クリーンエネルギーとは、それを元に電気や熱を発生させても有害物質が出ることはないエネルギーの事を言い

記事を読む

築20年の古い家にでも太陽光発電は設置できる?

築20年の古い家にでも太陽光発電は設置できる?

建築基準法耐震基準が変更される前の建物はダメ 個人住宅に太陽光発電システムを導入するにあた

記事を読む

太陽光発電の価格推移

太陽光発電のシステム価格推移

太陽光発電の設置価格は年々下がっています。どれくらい下がっているのか、今後はどうなっていくのかを見て

記事を読む

クリーンエネルギーの種類とそれぞれの特徴

クリーンエネルギーの種類とそれぞれの特徴

再生可能エネルギーとは? 再生可能エネルギーとは、自然界に存在し、人間が利用するよりはるかに多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴
法人の太陽光発電投資に最適なソーラーパークの評判と特徴

ソーラーパークで安心の投資を ソーラーパークとは、他の太陽光

太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴
太陽光発電一括見積もり.comの評判と特徴

太陽光発電一括見積もり.comは、太陽光発電の施工業者に、最大5社まで

価格コムの太陽光発電
太陽光発電見積もり/価格コムの評判と特徴

太陽光発電業者の一括査定を提供しているサイトは数多くありますが、その中

パネイルの評判と特徴
パネイルの評判と特徴

太陽光発電一括見積りのパネイルとは 太陽光発電の一括見積もりサイ

rakutensolar
楽天ソーラーの評判と特徴

楽天ソーラーとは 楽天ソーラーは2012年8月にサービスを開始し

→もっと見る

PAGE TOP ↑